賃貸管理の仕事

物件をお預かりして、大家業を代行する賃貸管理業。

賃貸管理は、年配の大家さんが一人でメモ帳に記録しても出来る部分もありますが、管理料を頂いて仕事として取り組むにはやる事がたくさんあります。

  1. 入居者募集&契約締結
    • 入居者募集をして契約を締結する。なかなか埋まらない空室はハード面(建物自体)やソフト面(広告の量を増やすなど)を企画して改善する。
  2. 入居者対応
    • 入居中の方からの問合せ、クレームに対応。弊社宛に問い合わせ内容を仕分けするとおおむね下の数字になります。けっこうたくさんの電話があります。円グラフ%e5%95%8f%e3%81%84%e5%90%88%e3%82%8f%e3%81%9b%ef%bc%92
  3. 退去リフォーム管理、建物維持修繕など
    • 賃貸物件の解約発生時に次回募集の為の内装工事手配、費用負担の精算
    • 建物共用部の点検清掃
  4. 集金代行(出納)業務
    • 預かり敷金の精算、賃料回収、督促、上記「3」の工事費精算など
  5. 資料管理、報告
    •  以下を建物所有者様へ報告
      1. 部屋毎の入居状況、履歴。メンテナンスや修繕履歴
      2. 家賃の回収状況
      3. 建物や部屋への修繕状況
      4. 空室の募集状況
  6. 上記「5」を踏まえた空室対策の企画作成
測定できるものは改善できる。

と、偉い人が言っていたらしいので賃貸管理や不動産業に限定せずに、色々数字を測ることが重要。意外と多忙な管理業なので、空室の続く賃貸物件の収支改善にきっと役に立てると思います。