投資用物件の表面利回り、全物件種別で上昇/ファーストロジック調査

出典:R.E.port

不動産投資サイト「楽待」2016年10月期の投資用不動産の市場動向

投資用1棟アパートは、表面利回りが新規掲載物件は9.38%(前月比0.45ポイント上昇)、問い合わせ物件は11.06%(同0.11ポイント上昇)といずれも上昇。物件価格は新規掲載価格が6,791万円(同420万円低下)、問い合わせ物件が6,049万円(同156万円上昇)となった。
投資用1棟マンションは、表面利回りが新規掲載物件は7.43%(同0.18ポイント上昇)、問い合わせ物件が9.33%(同0.21ポイント上昇)。物件価格は新規掲載物件が2億3,867万円(同1,582万円上昇)、問い合わせ物件が1万8,076万円(同1,029万円低下)となった。
投資用区分マンションは、表面利回りが新規掲載物件は8.39%(同0.34ポイント上昇)、問い合わせ物件は10.42%(同0.35ポイント上昇)。物件価格は新規掲載物件が1,472万円(同164万円低下)、問い合わせ物件は1,105万円(同159万円低下)。

ようするに、「表面利回り」が上昇した

という記事でした。

表面利回り(グロス)とは「投資額に対する年間の対価」です。
経費を差し引いた実質利回り(ネット)が大事ですが、

基本的な考え方としては、

高利回り=リスクが高い

低利回り=リスクが低い
この考え方は不動産に限定しない、一般的な考え方です。

地方都市の物件は高利回り表示な物件もあるので、一見魅力的ですが、いったん空室になったら高利回りも絵に書いた餅。

不動産業者への報酬や建物メンテナンス費用も小さな数字ではありません。

投資物件の利回りが全体的に上がってきたということは世の中の流れがリスクオンな傾向なのかも知れないと思いながら投資用物件を探しています。

何事もリスクを取らないと勝てませんが、取る必要のないリスクは極力排除しながら日々仕事してます。

img34